ホームページ熊谷研究所オフィシャルブログを立ち上げました。Webサイトの制作ももちろんですが、他社で作成されたサイトを勝手に研究していきます。独自にまとめたSEO情報も掲載していきたいと思います。

SEOについての考察

標題のSEO昨年1年も地道に作業を行いました。
やはり、最重要はサーバーのレスポンスは大切だと感じた1年でした。

さくらインターネットで自身サイトを運用していて強く言えないのですが、エックスサーバービジネスが平均的な中小企業おレンタルサーバーには最適解だと思います。

コストパフォーマンスは、最高です。

同じ事をさくらインターネットでやろうと考えても無理。
さくらのクラウドが運用出来れば可能ですが・・・

社内のWEB担当者がサーバー等に精通している場合。
サーバーやシステムに精通したコンサルさんが居る場合。
上記の場合は、さくらのクラウドが良いでしょう。

さくらのクラウドは、ある意味世界最強クラスのレスポンスにチューニングが可能なんですけど、中々運用が素人さんには難しいです。

オートマチックで運用出来れば良いのにといつも考えています。
立ち上げ当初よりも運用しやすくなりましたが、基礎的な事がわからないと敷居が高いのです。

その点、エックスサーバービジネスは、B10~B30までクラス分けがされていて規模に応じて運用が可能です。

またサポートの対応もそれなりに良いです。
無理な事も多いですが、それでもさくらインターネットのスタンダード~ビジネス契約よりはましなサポートです。


もしも会社のサーバーを変更するならエックスサーバービジネスを考えてみるのも一つの手段です。

そうそう、AWS(Amazon)のサーバーもありますが、セキュリティの考え方からかどことなく不安が残る存在です。
世界最強を表現していますが、バックアップという名の下に1拠点に情報を掲載すると否応なしに複数拠点にコピーが複数作成されます。

秘匿したい情報もあっという間にコピーが複数生成され続ける不安は、尽きることがありません。

アジア圏内から欧州、オセアニア等々のサーバーに複製が・・・

契約解除後もコピー情報は、完全に消したことが証明できないのです。会社の会員情報を本当に載せて大丈夫ですか?

という事で安心なのは、国内のサーバーだと感じた1年でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

WordPressテーマ「Dynamic」

カレンダー

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930